Electrodeposition Module

電気めっきプロセスのモデリングとコントロールのために

Electrodeposition Module

陽極と陰極の両方で、完全なButler-Volmerの反応速度論を持つ二次電流分布を想定した装飾用電気めっき この部品の前面および背面上のめっき濃度が表示されています。

電気めっきセルの重要な全ての特性の調査

モデリングとシミュレーションは、電気めっきプロセスを理解して最適化を図って、コントロールするためのコスト効率の高い手法です。標準的なシミュレーションでは電極表面の電流分布を作り出し、めっき層の厚さと成分を表します。シミュレーションは、セル構造、電解質構造、電極反応速度、作動電圧・電流、温度効果など重要なパラメータを詳細に調査するために利用されます。こうしたパラメータに関する情報により、材料損失やエネルギー損失を最小限に抑えながら電気化学セルの作動条件やマスクの配列・設計を最適化し、表面の品質を確保することができます。

多種多様な電気めっきアプリケーションへの適応

電気めっきモジュールは幅広い分野で応用されており、電子機器や電子部品などの金属めっき、防食や摩耗の保護、装飾用めっき、薄く複雑な構造の部品の電鋳法、エッチング、電子加工、電解採取、電気製錬などに活用されています。電気めっきモジュールを利用して共有する全ての現象を検討し、これらを同時にシミュレーションすることができます。さらに具体的に言えば、電流輸送と保存、化学種輸送、電荷平衡、電気化学反応速度を説明する式を連結することができます。いくつかの関連する現象を構成する機能があり電極表面のめっきの質、形、厚さの正確な評価を得ることができます。

ツールおよび物理特性インタフェースは処理プロセスでの物理的特性を定義するために、電気めっきモジュールの中で利用することができます。あらかじめ定義された公式により、一次、二次、三次電流分布効果のモデルを作成することができ、これは処理プロセスにおける表面仕上げや製品品質の優れた指標になる場合が多くあります。

Copper Deposition in a Trench

Decorative Plating

Cyclic Voltammetry at an Electrode

Electrochemical Impedance Spectroscopy

Rotating Cylinder Hull Cell

Electrodeposition of a Microconnector Bump

Secondary Current Distribution in a Zinc Electrowinning Cell