電着モジュール

多孔質媒体における化学反応の使い勝手の強化

多孔質媒体における希釈種の輸送インタフェースの反応源項には、飽和多孔質媒体と不飽和多孔質媒体の反応体積ベースの主要因である以下のオプションを用意しました。

  • 全体積
  • 細孔体積
  • 液体相
  • 気体相

以上のことから、異なる体積ベースごとに表にまとめることができ、反応式の文献データを簡単に利用できるようになり、間違いが起きにくくなりました。

反応率式の根拠として適切な反応関係を選択できるようになりました。その場合、全細孔体積に対する反応を選択します。 反応率式の根拠として適切な反応関係を選択できるようになりました。その場合、全細孔体積に対する反応を選択します。

反応率式の根拠として適切な反応関係を選択できるようになりました。その場合、全細孔体積に対する反応を選択します。

電流分布初期化プロセスで強化した収束と安定性と、電気化学インタフェースの新しいスタディ

多くの電気化学のモデルで、その収束や、処理すべき時間依存のソルバを活用するには、適切に導出した初期値が必要です。新しい初期化で定常スタディと初期化で時間依存スタディは、電流分布初期化スタディステップを使用して、すべての電気化学インタフェースで利用できるようになりました。これら新しいスタディは、非線形動力学による電気化学モデルの解決に役立ちます。

強化した電流分布初期化スタディステップ 強化した電流分布初期化スタディステップ

強化した電流分布初期化スタディステップ

断面積

新しい特性である断面積は、電気化学インタフェースの 1D モデルで利用できるようになりました。この機能により、セル面積を指定して、全セル電流を計算できるようになりました。さらに、境界機能電解質電流と電極電流を 1D で利用できるようになりました。

効率的な電極モデル化のための点および線電流源

複雑なジオメトリで大きな問題になるのは、ジオメトリのすべての部品を幾何学的に解決できないのがめずらしくないことです。電流源に小さい電極を使用する場合、電極境界を作成して適切な境界条件として電極電流を提供しなくてもジオメトリの 1 点で電流源を \"挿入\" するだけで間に合うことがあります。一次電流分布インタフェースと二次電流分布インタフェースの点および線電流源機能で、2D、2D 軸対象、3D ジオメトリの点に電流源を適用できます。

図は、簡単な 3D ジオメトリに点および線電流源を適用した様子です。 図は、簡単な 3D ジオメトリに点および線電流源を適用した様子です。

図は、簡単な 3D ジオメトリに点および線電流源を適用した様子です。

ダルシーの法則インタフェースの無限要素領域

ダルシーの法則インタフェースは、無限要素領域と境界流束の高度な計算をサポートするようになりました。