LiveLink™ for Inventor®

選択したオブジェクトタイプを同期から除外

オブジェクトタイプ (固体、表面、曲線または点など) は、LiveLink™ for Inventor® に付属の双方向インタフェースの操作時に同期対象から除外できるようになりました。オブジェクトは CAD 設計でそれらを非表示にすればいつでも同期対象から除外できますが、この新しい機能では、選択したオブジェクトを 1 回のクリックだけで除外できる高速処理が可能です。オブジェクトを除外すると、構成表面など、シミュレーションに含める必要のない幾何学的オブジェクトが多く含まれるサイズの大きな CAD ファイルを短時間に同期できます。

アドイン読み込みのパフォーマンスを強化

LiveLink™ for Inventor® は、CAD プログラム始動時に読み込まれるアドインを登録します。これらのアドインには、双方向機能と組み込みのワンウィンドウインタフェース COMSOL® モデル化環境があります。COMSOL Multiphysics® 5.1 では、CAD プログラム始動時の所要時間を最短化するため、これらのアドインの読み込み時間を最適化しました。


Autodesk、Autodesk のロゴ、Inventor、および Revit は、アメリカおよび/またはその他の国における Autodesk、Inc. および/またはその子会社および/または関連会社の登録商標または商標です。