化学反応工学モジュール

新しいアプリ: Membrane Dialysis

透析は広く使用されている化学種分離手法です。 例としては、腎不全の人の人工腎臓として機能する血液透析があります。 透析では、分子の大きさと溶解度に応じて、特定の成分だけが膜を通して拡散します。

Membrane Dialysis アプリケーションは、流体内の汚染物質の濃度の低下プロセスをシミュレートします。 本装置は、中空の繊維モジュールで構成されています。中空繊維の壁が汚染物質を取り除く膜として機能します。

本アプリケーションの結果から、膜材質、繊維寸法、動作条件を選択できます。

繊維内の汚染物質濃度を示す Membrane Dialysis アプリケーションのグラフィカルユーザーインタフェース 繊維内の汚染物質濃度を示す Membrane Dialysis アプリケーションのグラフィカルユーザーインタフェース

繊維内の汚染物質濃度を示す Membrane Dialysis アプリケーションのグラフィカルユーザーインタフェース

新しいアプリ: Liquid Chromatography

高速液体クロマトグラフィー (HPLC) は、混合物内の化学成分を分離、同定、定量化するための一般的な手法です。 HPLC は、調剤、生命工学、食品業界で利用されています。

Liquid Chromatography アプリケーションは、汎用液体クロマトグラフィーカラム内の 2 つの化学種の分離をシミュレートします。

シミュレーションは、クロマトグラフィーカラムと成分分離の設計要素の詳細をピンポイントで指摘する助けになります。 これらの設計要素には、カラムの長さと空隙率、ラングミュア等温式など 2 つの成分の特定条件があります。 そのすべてを本アプリケーション内で変更できます。

120 秒時の量成分の濃度を示す Liquid Chromatography アプリケーションのグラフィカルユーザーインタフェース 120 秒時の量成分の濃度を示す Liquid Chromatography アプリケーションのグラフィカルユーザーインタフェース

120 秒時の量成分の濃度を示す Liquid Chromatography アプリケーションのグラフィカルユーザーインタフェース

化学種ノードにおける編集可能な種反応率

COMSOL Multiphysics バージョン 5.2 では、種の個々の反応率を、Reaction Engineering インタフェースの Species (種) ノードで簡単に変更できます。 入力した式は、デフォルトで質量作用の法則に従う Reaction (反応) 機能で率定義セットアップをオーバーライドします。 本ソフトウェアの以前のバージョンでは、種の反応率を方程式ビューで編集していました。それには、補償に追加ソースが必要な場合がありました。

Reactive Pellet Beds (反応型ペレットベッド) の新しい触媒粒子形状

Reactive Pellet Bed (反応型ペレットベッド) 機能では、非球形の触媒粒子形状を指定できるようになりました。 球体以外に、新しいオプションには、円筒形状、フレーク、ユーザー定義のペレット形状があります。

新しいペレット形状オプションを表示した Reactive Pellet Bed (反応ペレットベッド) 設定ウィンドウ。

新しいペレット形状オプションを表示した Reactive Pellet Bed (反応ペレットベッド) 設定ウィンドウ。

新しいペレット形状オプションを表示した Reactive Pellet Bed (反応ペレットベッド) 設定ウィンドウ。

パラメータ推定の実験データのインポートを強化

Reaction Engineering インタフェースの Experiment (実験) 機能は、パラメータ推定に使用する、インポートしたデータの単位を変換できるようになりました。 最適化時の各データタイプの重要性の制御には Weight (重み) オプションを使用します。

強化した Equilibrium Reaction (平衡反応) 機能

Reaction Engineering インタフェースの平衡反応では、平衡システムの求解に役立つ Suppress negative concentrations (負の濃度を抑制) チェックボックスを導入しました。 このチェックボックスを選択すると、負の濃度値は平衡条件の解として受け入れられなくなります。

モル/ミリモル濃度単位

濃度指定単位として SI 単位モル/m3 に加えてモル (M (モル/l)) と ミリモル (mM (ミリモル/l)) を追加しました。

新しいチュートリアル: Fermentation in Beer Brewing

発酵プロセスで、酵母にょって糖分が変換されるとアルコールと各種フレーバーが生成されます。

このチュートリアルでは、完全に混合されたタンク内の発酵プロセスが、Reaction Engineering インタフェースで最初にモデル化されます。 次のステップで、空間依存性の詳細なタンクモデルをシミュレートし、質量移動、熱伝導、自然対流を説明します。

発酵プロセスにおける初期糖度、温度、酵母の種類による影響を調べることができます。

Fermentation in Beer Brewing アプリケーションでは、単位量当たりアルコール比率 (0D) やマルトース濃度 (3D) などのさまざまな結果が得られます。 Fermentation in Beer Brewing アプリケーションでは、単位量当たりアルコール比率 (0D) やマルトース濃度 (3D) などのさまざまな結果が得られます。

Fermentation in Beer Brewing アプリケーションでは、単位量当たりアルコール比率 (0D) やマルトース濃度 (3D) などのさまざまな結果が得られます。