ECADインポートモジュール

層の選択

ECAD Import モジュールは、今回のバージョンでは、インポートした層に対して選択肢が生成されるようになり、より効率的なシミュレーションのセットアップが可能になりました。 たとえば、ODB++™ アーカイブと GDSII ファイルをインポートすると、選択肢には層名から生成されたわかりやすい名前が付きます。 Import (インポート) 設定ウィンドウでは、層の名前を変更したり、ファイルに見つかった名前を維持することができます。

アップデートされた単位処理

COMSOL Multiphysics バージョン 5.2 では、選択した ECAD ファイルに長さの単位が表示されるようになりました。 新しいチェックボックスでは、ジオメトリシーケンスの長さ単位をファイルで見つかった単位へのアップデートの有効/無効を切り替えることができます。

上記で選択された ODB++™ アーカイブの長さ単位は mm です。 Update geometry unit (ジオメトリ単位を更新) チェックボックスを選択すると、モデルのジオメトリの長さ単位が mm に変化します。

上記で選択された ODB++™ アーカイブの長さ単位は mm です。 Update geometry unit (ジオメトリ単位を更新) チェックボックスを選択すると、モデルのジオメトリの長さ単位が mm に変化します。

上記で選択された ODB++™ アーカイブの長さ単位は mm です。 Update geometry unit (ジオメトリ単位を更新) チェックボックスを選択すると、モデルのジオメトリの長さ単位が mm に変化します。


ODB++ は、Mentor Graphics Corporation の商標です。