マイクロフルイディクスモジュール

新しいアプリ: Inkjet Design

当初、プリンターで使用する目的で考案されたインクジェットですが、ライフサイエンスやマイクロエレクトロニクスなど他の用途にも採用されています。 シミュレーションは、流体流動を理解し、特定用途に対するインクジェットの最適な設計を予測するときに便利です。

Inkjet Design アプリケーションの目的は、必要な粒子サイズにインクジェットノズルの形状と動作を合わせることですが、これは注入される液体の接触角、表面張力、粘度、密度次第です。 シミュレーションの結果から、注入したインクが基質で最終粒子に融合する前に、いくつかの粒子に分散するかどうかもわかります。

流体流動は、 表面張力と合わせて、流体界面を追跡するレベルセット法により、非圧縮性ナビエ-ストークス方程式でモデル化します。

インクジェットシミュレーション時のピンチオフプロセスの画面キャプチャー。 グラフは、噴射パルスプロファイル (1D) と粒子の経時的な漸進的変化です (2D、3D)。 インクジェットシミュレーション時のピンチオフプロセスの画面キャプチャー。 グラフは、噴射パルスプロファイル (1D) と粒子の経時的な漸進的変化です (2D、3D)。

インクジェットシミュレーション時のピンチオフプロセスの画面キャプチャー。 グラフは、噴射パルスプロファイル (1D) と粒子の経時的な漸進的変化です (2D、3D)。

新しい Multiphase Flow インタフェース: Three-Phase Flow, Phase Field

新しい Three-Phase Flow, Phase Field インタフェースでは、流体を分離する界面の正確な位置を調べたいときに、3 種類の不混和流体の流れと相互作用をモデル化できます。 この現象は、分離 flow with surface tracking としても知られています。 流体-流体界面は、流体密度と粘度の差を説明し、表面張力を考慮した 3 相場公式化で追跡します。 位相場手法では、滑りなし境界の移動接触線を処理できます。

定義済みの Three-Phase Flow (三相流) マルチフィジックス結合は、Laminar Flow インタフェースを Ternary Phase-Field インタフェースと組み合わせます。 流体-流体界面の動きは、自由エネルギーを最小化すると決まります。

液体-液体と液体-気体の表面張力係数を利用できます。 Wetted Wall (湿壁) 機能では、固体表面で液体ペアの接触角度を指定できます。

Laminar Three-Phase Flow, Phase Field インタフェースでシミュレートした気体と 2 液体間の流れ Laminar Three-Phase Flow, Phase Field インタフェースでシミュレートした気体と 2 液体間の流れ

Laminar Three-Phase Flow, Phase Field インタフェースでシミュレートした気体と 2 液体間の流れ

新しい Mathematics インタフェース: Ternary Phase Field

CFD モジュールと Microfluidics モジュールの 3 つの非混和相の間の移動界面の追跡に使用する対応する Ternary Phase Field インタフェースもスタンドアロンの Mathematics インタフェースです。