分子流モジュール

新しいアプリ: Charge Exchange Cell Simulator

電荷交換セルは、真空室内で圧力が上昇した気体の領域で構成されています。 イオンビームが高密度の気体と相互作用すると、そのイオンは気体と電荷交換反応を起こし、エネルギー的に中性な粒子が生まれます。 一般には、電荷交換反応を起こすのはわずかなビームイオンです。 そこで、ビームを中性化するため、荷電した偏光板のペアをセル外部に配置します。 このようにして、エネルギー中性源を作成できます。

Charge Exchange Cell Simulator アプリケーションは、陽子ビームと、中性アルゴンを収容した電荷交換セルとの相互作用をシミュレートします。 ユーザー入力には、気体セルと真空室、ビーム特性、残留イオンを偏向させる荷電プレートの特性用にいくつかの幾何学的パラメータがあります。

本シミュレーションアプリケーションは、中性化されたわずかなイオンとして測定された電荷交換セルの効率を計算し、発生した各種の衝突に関する統計を記録します。

Charge Exchange Cell Simulator アプリケーションのユーザーインタフェース。 Charge Exchange Cell Simulator アプリケーションのユーザーインタフェース。

Charge Exchange Cell Simulator アプリケーションのユーザーインタフェース。