最適化モジュール

強化された LSQ 最適化問題

さまざまな COMSOL Multiphysics パラメータの現実世界の測定値に対する LSQ 適合は、最小二乗最適化問題として公式化できます。 これらの問題で適合するパラメータは、いわゆる制御変数であり、対象はモデルから採取した値と測定値間の偏差の最小二乗の合計値です。 より数学的な用語として、これらの問題を、観察結果から実モデルを決定する関数、 問題と呼びます。 COMSOL Multiphysics バージョン 5.2 はこれらの問題については、専用のインタフェースとソルバを備えています。

LSQ 最適化問題では、データファイルはコアコードが読み取ります。 本ソフトウェアの初期バージョンでは、これらのファイルの読み取りや使用ができるのは勾配方式のソルバだけでした (SNOPT、Levenberg-Marquardt、MMA など)。 COMSOL Multiphysics バージョン 5.2 では、これらのファイルは、それぞれの時間とパラメータ値の両方またはいずれかを目的として構文解析され、検査用にソルバノードに保存されますが、変更はできません。 これらの値は、Derivative Free Optimization (導関数を使用しない最適化) ソルバの場合、自動的に追加されて適用されます。 ユーザーがスタディにパラメータを追加しなければ、この新しい機能は、Parametric Solver (パラメトリックソルバ) ノードを自動的に追加します。

"曲線近似 Mooney-Rivlin" モデルに自動的に追加される Parametric Solver (パラメトリックソルバ) ノード。

"曲線近似 Mooney-Rivlin" モデルに自動的に追加される Parametric Solver (パラメトリックソルバ) ノード。

"曲線近似 Mooney-Rivlin" モデルに自動的に追加される Parametric Solver (パラメトリックソルバ) ノード。