可視化

新しい注記プロット

COMSOL Multiphysics バージョン 5.2 で新たに加わった注記プロットは、カスタマイズしたテキストを 2D プロットや 3D プロットで表示するときに使用できます。 この機能は、リボンの Add Plot (プロットを追加) セクションの More Plots (追加プロット) の下にあります。 操作は、注記の場所とテキストを定義するだけです。 テキストには、eval(expr) と入力すれば、式の評価結果を取り込むことができます。 本ソフトウェアは、その値を自動的に捉えて、テキストに挿入します。

住宅の 2 人の居住者の位置のラベルを示す、室内音響モデルで使用する注記。 住宅の 2 人の居住者の位置のラベルを示す、室内音響モデルで使用する注記。

住宅の 2 人の居住者の位置のラベルを示す、室内音響モデルで使用する注記。

新しいスミスプロットグループ

COMSOL Multiphysics バージョン 5.2 には、新しいスミスプロットグループを追加しました。このグループでは、インピーダンス、アドミッタンス、反射データをスミスグリッドでプロットできます。 スミスプロットは、複雑な値の S パラメータ (反射係数) を入力インピーダンス、アンテナのアドミッタンス、伝送回線、その他ネットワークコンポーネントに関連付けるときに便利です。

スミスグリッドに S パラメータを表示した Biconical Frame Antenna アプリケーションによるスミスプロット。 スミスグリッドに S パラメータを表示した Biconical Frame Antenna アプリケーションによるスミスプロット。

スミスグリッドに S パラメータを表示した Biconical Frame Antenna アプリケーションによるスミスプロット。

新しいオクターブバンドプロット機能

音圧レベル応答と、吸収係数などの材料データの両方を示した測定ツールは、周波数バンドの他、重み付け dB スケールに表示されます。 新しいオクターブバンドプロットは、同じ手法でシミュレーション結果を表現するときに使用します。 このプロットでは、オクターブバンドまたは 1/3 オクターブバンドにより、指定した周波数レンジにデシベルスケールを表示します。

1/3 オクターブバンドで全音圧場を表示した Absorptive Muffler アプリケーションにおけるオクターブバンドプロット。 1/3 オクターブバンドで全音圧場を表示した Absorptive Muffler アプリケーションにおけるオクターブバンドプロット。

1/3 オクターブバンドで全音圧場を表示した Absorptive Muffler アプリケーションにおけるオクターブバンドプロット。