電気めっきモジュールアップデート

COMSOL Multiphysics® バージョン 5.3a の電気めっきモジュール薄電極上の反応を定義する新しい機能と, 2つの新しい腐食解析チュートリアルが追加されました. 詳細は以下をご覧ください.

新しい薄電極面ノード

「薄電極面」機能は完全に電解質に浸かっている薄電極上で起きる電極反応を定義します. 電極のジオメトリ表現は無限に薄く, 電解質ドメインの内部境界だけに適用されると仮定します. このモデルは実際のモデルジオメトリで電極ドメインを構成するのに比べてメッシュや求解時間を, 特に3Dで, 大幅に縮小します. 薄いシートメタルでの電気めっきや腐食プロセスにこの機能を使うことができます.

The Car Door tutorial modeled with the Thin Electrode Surface feature in COMSOL Multiphysics version 5.3a. 電気めっきモジュールアプリケーションライブラリの「自動車ドア」チュートリアルの薄陰極が新しい「薄電極面」機能を使って新しく定義されています. 電気めっきモジュールアプリケーションライブラリの「自動車ドア」チュートリアルの薄陰極が新しい「薄電極面」機能を使って新しく定義されています.

新しいチュートリアルモデル:レベルセットインターフェースを用いたトレンチの銅めっき

レベルセットインターフェースが電気めっきモジュールに新しく加わりました. めっきされる電極面のトポロジーがめっきプロセスの結果として変わるような場合のモデル化を行います.

 


銅めっき中のめっき層内の電解質のポケットを示す濃度アニメーション. レベルセットインターフェースが電極と電解質相間の界面の動きをダイナミックに捕捉します.


アプリケーションライブラリパス:
Electrodeposition_Module/Tutorials/cu_trench_deposition_ls

新しいチュートリアル:アルミ陽極酸化

陽極酸化は磨耗と腐食に耐性がある酸化層をアルミに施す表面処理です. このチュートリアルモデルでは, 実験的な分極データで電流分布と, 陽極酸化セルで突き出す多数のアルミのプロファイルにおける酸化層厚みを計算します.

The Aluminum Anodization model, new with COMSOL Multiphysics version 5.3a.

正規化されたアルミ陽極上の電流密度分布

正規化されたアルミ陽極上の電流密度分布

アプリケーションライブラリパス:
Electrodeposition_Module/Tutorials/al_anodization