Chemical Reaction Engineering Module

物質とエネルギーバランスと化学反応

Chemical Reaction Engineering Module

化学反応が起きているプレート反応器と化学的な反応は、反応器内の2つのポイントで交わります。

化学、プロセス産業内の全てのユニットオペレーションを完璧に

化学反応器、ろ過装置、ミキサや他のプロセスの最適化は、化学反応工学モジュールを使用して実現可能になります。そのモジュールには、表面上や固相内の気体、流体、多孔質媒体もしくは全てのコンビネーションなどあらゆるタイプの環境における任意の化学速度が分析可能な材料輸送や伝熱のシミュレーションツールが含まれています。皆さんの周囲の環境に密接な”プロセスユニット”や”化学反応”などが関係している全ての化学的ファセット、プロセス産業、そして環境工学にいたるまでを完璧にカバーすることができます。

化学動力の対流と拡散

化学反応工学モジュールは、低濃度や濃縮液内における材料輸送を定義した直感的ユーザインタフェースや化学種の任意数の対流、拡散、イオン移動を介した混合物を含んでいます。これらは、アレニウス方程式で容易に定義することが可能で、可逆、不可逆、平衡反応速度の定義との連成が可能です。また動力学の速度濃度や温度の影響をうける任意の速度則とも連成が可能です。化学反応を定義するインタフェースは、化学式として分かりやすく、また方程式に関しては、まるで紙の上に書いているように入力することが出来ます。COMSOLは、質量作用の法則を使用して適切な反応式を設定します。この反応式は、ご自身の動力式に変更や訂正を行うことが可能です。それらが均一なのか不均一か、発生場所がバルク内もしくは表面なのかなどには関係なく、反応式中の化学量論は自動的に物質とエネルギーバランスを定義します。

Modeling the Electrochemistry of Blood Glucose Test Strips

Porous Reactor with Injection Needle

Syngas Combustion in a Round-Jet Burner

Thermal Decomposition

NOx Reduction in a Monolithic Reactor

Chemical Vapor Deposition of GaAs

Separation Through Dialysis

Surface Reactions in a Biosensor

Dissociation in a Tubular Reactor

Electrokinetic Valve

Carbon Deposition in Heterogeneous Catalysis