COMSOL ラーニングセンター

自分のペースで COMSOL Multiphysics® を学ぶには

ジオメトリ / ジオメトリの形成

一体化またはアセンブリでジオメトリを完成 Duration: 6:44

多くの製品設計では, 最終製品を作成するためにコンポーネントのアセンブリが必要です. COMSOL Multiphysics® モデルのジオメトリシーケンスでは, これらのコンポーネントはジオメトリオブジェクトに対応しています. モデルを構築するとき, メッシュを作成してフィジックスを定義する前に, オブジェクトの集合をどのように扱うか, または最終化するかが重要です. このビデオでは, 一体化とアセンブリ化を使用してジオメトリを完成する場合の違いと意味を紹介します.

一体化方法とアセンブリ化方法, どちらもジオメトリオブジェクトを単一のオブジェクトに結合します. 一体化を使用すると, ソフトウェアは, 隣接するエンティティ間の共有境界で区切られた接続ドメインで構成される複合オブジェクトを生成します. アセンブリ化を使用する場合, ソフトウェアは代わりにオブジェクトを, 切断されたドメインの集合を含む単一のオブジェクトにグループ化します. デフォルトの一体化方法では, ドメイン間でメッシュが接続されますが, アセンブリ化後のメッシュは切断されます. その場合, 接触する境界のアイデンティティペアの自動生成により, ドメイン全体のフィジックスの連続性が保証されます. アセンブリ化は, オブジェクトをシミュレーションで移動できるようにする必要がある場合に特に役立ちます.


Exercise Files
form_geometry_complete.mph Download
form_geometry_start.mph Download