ここでは世界中の主要なハイテク組織や研究機関のサクセスストーリーをご覧いただけます. 電気, 機械, 流体および化学分野を含むさまざまなアプリケーション分野でマルチフィジックスシミュレーションを使用して設計された革新的な製品を発見してください. クイック検索を使用して専門分野に関連するストーリーを見つけ, マルチフィジックスシミュレーションを使用して設計を強化する方法を学びましょう.
COMSOL ユーザーからの最新のストーリーが COMSOL ニュースとマルチフィジックスシミュレーションで閲覧できます.
COMSOL News 2022
COMSOL News 2021
COMSOL News 2020

Refining Automotive Battery Management Systems with Lumped-Approach Thermal Modeling

Parmender Singh, Exicom Tele-Systems, India

India’s transportation sector is pursuing ambitious electrification goals, and so manufacturers must optimize battery management systems (BMS). Exicom uses multiphysics simulation to understand the thermal behavior of battery packs, which helps to calibrate vehicle BMS designs. 詳細を見る

How Decaying Shells Help Preserve the Alkalinity of the Seas

Olivier Sulpis, Utrecht University, Netherlands

Decaying seashells can release calcium carbonates, which help neutralize carbon dioxide in seawater. But ocean acidification threatens the shell formation process. Olivier Sulpis of Utrecht University has developed a novel reactive-transport model of deep-sea galvanization processes. 詳細を見る

Fine-Tuning the Factory: A Simulation App Helps Optimize an Additive Manufacturing Facility

Adam Holloway, Manufacturing Technology Centre, Great Britain

Britain's Manufacturing Technology Centre, along with partners in the aerospace sector, has built an on-site powder bed fusion facility — and also developed a simulation model and app to help factory staff make informed decisions about its operation. 詳細を見る

Radiofrequency-Induced Heating of Medical Devices in MRI Systems

David Gross, MED Institute, Indiana, USA

MED Institute Inc., a full-service contract research organization (CRO) for the medical device industry, is using computational modeling and simulation to analyze RF heating of devices in MRI systems to minimize risks to the patient. 詳細を見る

粘弾性モデリングによるグリーンランドの氷河の氷の喪失の予測

Alfred Wegener Institute, Bremerhaven, Germany

北東グリーンランドアイスストリームの海への氷の放出は加速しています. 将来の流出を予測するのを助けるために, アルフレッドウェゲナー研究所の研究者は, 氷河の流れに寄与する力を捕らえるために改良された粘弾性モデルを開発しました. 詳細を見る

砂に蓄えた太陽エネルギーで建物を暖める

Tommi Eronen, Polar Night Energy, Finland

Polar Night Energy は, 熱モデリングを使用して, 42トンの砂を動力源とする蓄熱および配電システムの設計を最適化しました. このプロジェクトは, フィンランドおよび世界中で再生不可能な暖房用燃料の消費を削減することを目的としています. 詳細を見る

ボッシュは自動車産業の電動化の未来に力を注ぎます

Martin Kessler, Bosch, Germany

Bosch 社は, 電気自動車のドライブトレインに不可欠な2つのコンポーネントである三相インバーターと DC リンクキャパシタを設計するために, 熱および電磁界シミュレーションを実施しました. 最適化されたインバーターは, 以前の設計と比較して, 航続距離が6 %, 電力密度が200 %向上しています. 詳細を見る

シミュレーションによるシリコンフォトニック MEMS 移相器の設計

Hamed Sattari, Swiss Federal Institute of Technology Lausanne, Switzerland

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究者は, シミュレーションを使用して, シリコンフォトニック MEMS 移相器の光学的および電気機械的性能を最適化し, それによって光ファイバーネットワークの速度, 容量, および信頼性を向上させています. 詳細を見る

微量汚染物質分解のための小型廃水処理プラントの設計

Wei Zhao, Eden Tech, France

エデン工科大学では, マルチフィジックスシミュレーションを用いて, コンパクトディスクを利用した小型の廃水処理システムを設計しました. このシステムは, 薬剤や洗浄剤の残留物など, 潜在的に危険な微小汚染物質を水路から除去するために使用することができます. 詳細を見る

海底ケーブルの数値モデル化による洋上風力発電所への電力供給

Andreas Chrysochos and Dimitrios Chatzipetros, Hellenic Cables, Greece

Hellenic Cables 社は, 有限要素モデリングを使用して, 洋上風力発電所で使用される地中海底ケーブルの設計を解析, 検証し, 持続可能な電力で世界をより良くつなぐことに貢献しています. 詳細を見る

最初
1–10 of 220