COMSOL ラーニングセンター

自分のペースで COMSOL Multiphysics® を学ぶには

結果 / サーフェス/ボリューム/ラインプロット

異なるジオメトリエンティティレベルで結果を表示 Duration: 8:06

COMSOL Multiphysics®ソフトウェアには, シミュレーション結果をポスト処理および可視化するための多くのツールがあります. 使用可能な多くのプロットタイプには, サーフェス , ライン, およびボリュームロットがあります. サーフェスプロットは, 3Dドメインの境界などのサーフェス上の結果の量を表示するために使用されます. 3D ラインプロットは, 境界のエッジなど, ライン上に結果の量を表示するために使用されます. ボリュームプロットは, 3Dドメインの数量を表示するために使用されます.

このビデオをご覧になると, この3つのプロットタイプの作成方法を確認し, ジオメトリエンティティの非表示, 色とデータ範囲の操作など, さまざまなプロットオプションについて学習できます. 流体の流れや熱伝達を含む複数の物理現象が関係しているため, このデモではヒートシンクのモデルを使用します.


Exercise Files
heat_sink_plots_complete.mph Download
heat_sink_plots_start.mph Download
heat_sink_guide.pdf Download