ページ当たり表示数:
検索

最近の投稿

COMSOL Multiphysics® で高品質なモデル画像を作成する方法

2020年 9月 30日

プレゼンや論文, ウェブなどにモデル画像を掲載する際には高品質であることが求められます. ここでは, 画像作成のガイドラインをご紹介します.

時空間の離散化による方程式ベースのモデリング

2020年 9月 24日

COMSOL Multiphysics® では, 計算モデルのほとんどすべての式を変更することができます. 例えば, 時空間離散化を使用することで, 最適化問題を簡単かつ迅速に実施することができます.

光導波路近くの散乱体のモデル化

2020年 8月 25日

現実の世界では, ほとんどの構造が2次元の誘電体スラブよりも複雑です. しかし, フォトニック構造を設計しているのであれば, この例から波動光学モデリングについて多くを学ぶことができます.

複数のモードをサポートする導波路のモデリング

2020年 8月 12日

複数のモードをサポートする導波路をモデル化する2つの方法: 任意のモードを吸収するために使用できる PML を追加するか, 可能なモードごとにポートを明示的に追加.

3D モデルによる海底ケーブルの誘導効果解析

2020年 7月 9日

最新のデスクトップコンピュータで, 磁性装甲を撚り合わせた3次元ケーブルモデルを計算するのに30分ほどかかります. その結果, 電力ケーブル業界では, 3D ケーブルモデルが経験的なモデルに取って代わりつつあります.

COMSOL Multiphysics® でのケーブルのモデリング: 8部構成のチュートリアルシリーズ

2020年 7月 8日

AC/DC モジュールとCOMSOL Multiphysics® を使ってケーブルをモデリングするためのロードマップです. 基本から始まり, 徐々に複雑さと複数のフィジックスを追加していく8部構成のチュートリアルシリーズ.

COMSOL® バッチスイープによるハードウェア並列化の活用

2020年 6月 2日

バッチスイープとは何か?自分のモデルにバッチスイープを設定するにはどうすればいいか?COMSOL Multiphysics® はどの程度のバッチ並列性を利用できるのか?これらの疑問にお答えします…

弾性波 (陽的時間発展)インターフェースの紹介

2020年 5月 28日

非破壊検査から土壌や岩石中の地震波の伝搬まで, 固体中の弾性波の伝搬や構造物の振動を伴う応用分野は数多くあります.