ページ当たり表示数:
検索

低周波電磁気学 Blog Posts

シミュレーションによる誘導加熱の効果予測

2021年 11月 19日

誘導加熱とは何ですか? それの利点は何ですか? COMSOL Multiphysics でシミュレートできますか? その結果は…

電気モーターの損失, 温度, 効率の計算

2021年 9月 23日

鉄損と銅損の変化, それに伴う温度上昇, 永久磁石式機械の効率への影響などを調べていきます.

COMSOL Multiphysics® を使用してホール効果センサーをモデル化する方法

2021年 3月 11日

ホール効果センサーの基本的な動作原理. 近くの磁場が半導電性センサーの電流経路を偏向させ, 測定可能な電位変化を引き起こす.

COMSOL®による電気モーターと発電機設計の解析

2021年 2月 16日

電磁気シミュレーションを使用すると, 永久磁石モーターまたは発電機の磁場分布, 機械的トルク, 鉄の使用量と損失を解析して最適化できます.

3D モデルによる海底ケーブルの誘導効果解析

2020年 7月 9日

最新のデスクトップコンピュータで, 磁性装甲を撚り合わせた3次元ケーブルモデルを計算するのに30分ほどかかります. その結果, 電力ケーブル業界では, 3D ケーブルモデルが経験的なモデルに取って代わりつつあります.

COMSOL Multiphysics® でのケーブルのモデリング: 8部構成のチュートリアルシリーズ

2020年 7月 8日

AC/DC モジュールとCOMSOL Multiphysics® を使ってケーブルをモデリングするためのロードマップです. 基本から始まり, 徐々に複雑さと複数のフィジックスを追加していく8部構成のチュートリアルシリーズ.

COMSOL Multiphysics®のゲージ固定はどのように使用するのか?

2020年 4月 2日

ここでは, COMSOL Multiphysics®の電磁気学シミュレーションでゲージ固定を使用する際のガイドとして, ゲージ固定が必要かどうかの判断から電流保存の実施までをご紹介します.

ゲージ固定とは? 理論的紹介

2020年 3月 24日

マックスウェル方程式に適用されるヘルムホルツの定理の結果, および物理的な場を表現するためにスカラーおよびベクトルの電位を使用する場合の結果を調べます.


最初
1–8 of 13