ページ当たり表示数:
検索

RF&マイクロ波工学 Blog Posts

方形導波管の変換のモデリング3例

2020年 10月 20日

導波管から平面, 同軸から導波管, 矩形から楕円:矩形導波管のこれら3つの異なる変換は, COMSOL Multiphysics®とRFモジュールを使ってモデリングできます.

複数のモードをサポートする導波路のモデリング

2020年 8月 12日

複数のモードをサポートする導波路をモデル化する2つの方法: 任意のモードを吸収するために使用できる PML を追加するか, 可能なモードごとにポートを明示的に追加.

非近軸ガウシアンビームのエバネッセント成分

2020年 5月 12日

非近軸ガウシアンビームの背景場のエバネッセント成分は, COMSOL Multiphysics® バージョン 5.5 から 波動光学 および RFモジュールの機能として提供されるようになりました.

電気熱解析にはどのスタディタイプを使用するか?

2020年 1月 13日

COMSOL Multiphysics で電気熱解析を実装する際に使用する最適なインターフェースは何でしょうか?インターフェース, スタディタイプ, 高周波数および低周波数のマルチフィジックスカップリングについて説明します.

カール要素とは (そしてなぜそれが必要なのか) ?

2019年 12月 30日

いくつかの電磁気学の問題を解決するとき, カール要素 (エッジ要素またはベクトル要素とも呼ばれます) を有限要素法で使用できます.

2D 軸対称 RF モデルから3D 遠方場プロットを作成する方法

2019年 8月 8日

特定の共振構造をモデリングする場合, 2D 軸対称性による効率的な計算と, 3D 遠方場プロットによるポスト処理結果の両方を得ることができます.

RF モジュールでの円形ポートの使用方法

2019年 5月 10日

円形ポートの縮退は, モード場の向きが不定になる原因となります. しかし, 円形ポートの基準軸機能を使えば, ポートの境界線上で場の向きを定義することができます.

周期的なRFモデルを数値的に単純化する方法

2019年 4月 22日

周波数選択性表面, 電磁バンドギャップ構造, 反応性表面, 高インピーダンス表面, メタマテリアルなどの周期的なRF構造をより簡単にモデル化する方法をお探しですか?


最初
1–8 of 13