ページ当たり表示数:
検索

波動光学 Blog Posts

光導波路近くの散乱体のモデル化

2020年 8月 25日

現実の世界では, ほとんどの構造が2次元の誘電体スラブよりも複雑です. しかし, フォトニック構造を設計しているのであれば, この例から波動光学モデリングについて多くを学ぶことができます.

複数のモードをサポートする導波路のモデリング

2020年 8月 12日

複数のモードをサポートする導波路をモデル化する2つの方法: 任意のモードを吸収するために使用できる PML を追加するか, 可能なモードごとにポートを明示的に追加.

非近軸ガウシアンビームのエバネッセント成分

2020年 5月 12日

非近軸ガウシアンビームの背景場のエバネッセント成分は, COMSOL Multiphysics® バージョン 5.5 から 波動光学 および RFモジュールの機能として提供されるようになりました.

基板上の物体からの光の散乱のモデリング

2020年 4月 14日

波動電磁気学の一般的なモデリングシナリオ: 均一な誘電体基板の上にパターン化された構造からの光の散乱を計算します.

波動光学モジュールを使用したレンズシミュレーションの実行方法

2020年 2月 19日

波動光学のレンズシミュレーションは, 通常, 多くのメッシュ要素を必要とするため, 実行が困難な場合があります. 波動光学モジュールの機能を使って, この問題を回避する方法をご紹介します.

カール要素とは (そしてなぜそれが必要なのか) ?

2019年 12月 30日

いくつかの電磁気学の問題を解決するとき, カール要素 (エッジ要素またはベクトル要素とも呼ばれます) を有限要素法で使用できます.

フォトニック結晶を使った光の流れのエンジニアリング

2019年 7月 25日

1980年にフォトニック結晶が発見されたのは, 特定の周波数帯の半導体レーザーの損失を減らすための試みだったことをご存知でしょうか.

波動光学計算のための非近軸ガウシアンビーム公式

2018年 6月 26日

これは, COMSOL Multiphysics® で波動光学の問題をシミュレートするために使用される非近軸ガウシアンビーム式の概要です.


最初
1–8 of 11