ページ当たり表示数:
検索

結果と可視化 Blog Posts

COMSOL® での衛星軌道の計算と可視化

2022年 3月 9日

ここでは, 軌道上にある宇宙船の新しい, この世のものとは思えないチュートリアルモデルを紹介します.

COMSOL Multiphysics® におけるシュリーレン型可視化の作成

2022年 2月 17日

シュリーレンイメージングは​​, 書かれた歴史よりも前のものである可能性があることをご存知ですか? ここでは, CFD モデリングを使用してこの古代のイメージング技術を探ります.

COMSOL® で CAD ファイルの射影面積を計算する方法

2022年 1月 20日

CAD ファイルの射影面積を計算するための3つのアプローチと, それぞれの使い分けについてご紹介します.

コマンドラインからCOMSOL Multiphysics®を実行する方法

2020年 12月 9日

同じCOMSOL Multiphysics®モデルファイルのバリエーションをコマンドラインから繰り返し実行し, データを自動的にエクスポートできることをご存知ですか?

モデルからのMicrosoft®PowerPoint®スライドショーの生成

2020年 12月 7日

COMSOL Multiphysics® バージョン 5.6 では,モデルの結果を Microsoft® PowerPoint® フォーマットでスライドショー形式のプレゼンテーションを作成できることをご存知でしたか?

COMSOL Multiphysics® で高品質なモデル画像を作成する方法

2020年 9月 30日

プレゼンや論文, ウェブなどにモデル画像を掲載する際には高品質であることが求められます. ここでは, 画像作成のガイドラインをご紹介します.

カール要素とは (そしてなぜそれが必要なのか) ?

2019年 12月 30日

いくつかの電磁気学の問題を解決するとき, カール要素 (エッジ要素またはベクトル要素とも呼ばれます) を有限要素法で使用できます.

2D 軸対称 RF モデルから3D 遠方場プロットを作成する方法

2019年 8月 8日

特定の共振構造をモデリングする場合, 2D 軸対称性による効率的な計算と, 3D 遠方場プロットによるポスト処理結果の両方を得ることができます.


最初
1–8 of 8
最後