ページ当たり表示数:
検索

構造と音響 Blog Posts

COMSOL® での衛星軌道の計算と可視化

2022年 3月 9日

ここでは, 軌道上にある宇宙船の新しい, この世のものとは思えないチュートリアルモデルを紹介します.

不連続ガラーキン法を使用した圧電性のモデリング

2022年 2月 9日

COMSOL Multiphysics® バージョン6.0では, 他の方法よりも便利な圧電デバイスをモデル化する機能が導入されました. モデルで使用する方法は次のとおりです.

ひねりを伴う軸対称固体力学

2022年 2月 8日

バージョン6.0より, 固体力学インターフェースを使用して, 2D 軸対称モデルに円周方向の変位を簡単に含めることができるようになりました. ここでは, その一例をご紹介します.

COMSOL® のジェネラティブデザインで新しいアイデアを形成

2021年 11月 2日

鉛筆は16世紀に, 消しゴムは18世紀に発明されました. しかし, 現在のような一般的なデザインで鉛筆に消しゴムが付けられるようになったのは, 19世紀になってからです.

ロードバイクとマウンテンバイクのスポークパターンが異なるのはなぜ?

2021年 10月 15日

自転車のリムには, なぜ警告がついているものがあるのでしょうか?なぜ, リムブレーキを好む自転車乗りがいるのか?その答えを見つけるために, 私たちはブレーキの種類とスポークの編み方の違いによって自転車のリムにかかる力をモデル化しています.

圧電性のモデリング: どのモジュールを使用しますか?

2021年 10月 7日

音響モジュール, MEMS モジュール, 構造力学モジュール. 圧電デバイスのモデリングにはどれを使うべきでしょうか? ここでは, その選択肢を総合的に紹介します.

スポーツカーのサイドドアとミラーへの風荷重シミュレーション

2021年 5月 27日

Vroom vroom. このブログでは, 高速で走行するスポーツカーのドアやサイドミラーにかかる風荷重と気流を, LES(Large Eddy Simulation)と構造解析を用いて解析しています.

平面応力と平面ひずみの違いは?

2021年 5月 20日

固体力学の問題で平面応力, 平面ひずみ, 一般化された平面ひずみを研究するために使用できる定式化と構成モデルについて説明します.


最初
1–8 of 19