LiveLink™ for PTC® Pro/ENGINEER® アップデート

LiveLink™ for PTC® Pro/ENGINEER® のユーザー向けに, COMSOL Multiphysics® バージョン5.6は, 2つの新しい機能解除および修復ツールを提供します. これらの機能の詳細については, 以下をご覧ください.

干渉の検出

デフィーチャーと修復メニューに加えられた干渉検出ツールによって, オブジェクト間の干渉を検出できます. このツールは, 入力としてのソリッドやサーフェスをサポートし, 交差や接触, ギャップや包含を検出します. この機能は Creating a Fluid Domain Inside a Solid Structure チュートリアルモデルで使われています.

The COMSOL Multiphysics version 5.6 UI showing the Geometry ribbon tab, the Detect Interferences tool, and a model geometry in the Graphics window. このインポートされたCADアセンブリでは, 干渉に関係するオブジェクトやフェースに関する情報など, いくつかの交差, タッチ, ギャップが検出されます. ギャップはギャップ距離とともに一覧表示され, 「選択にズーム」ボタンを使用すると, ジオメトリ上の干渉面の位置を簡単に見つけることができます.

チェック機能

デフィーチャーと修復メニューに追加された新しいチェック機能を使い, CADオブジェクトの障害を検出できます. 面の削除操作の後など, ジオメトリシーケンスにチェックノードを追加し, 障害のある面を置き換えた後に問題が残っていないかどうかを確認します.

フェース削除操作を使用して障害のあるフェースを置き換えた後, このジオメトリに障害は残りません.

新規および更新されたCADファイル形式バージョンのサポート

CADファイルのインポートおよびエクスポート機能が拡張され, 次のファイル形式の新しいバージョンがサポートされるようになりました:

ファイルから読込

  • AutoCAD® (.dwg, .dxf): 2021
  • PTC® Creo® Parametric™ (.prt, .asm): 7.0
  • Inventor® (.ipt, .iam): 2021
  • NX™ (.prt): 1899
  • Parasolid® (.xt, .xb, .xmttxt, .xmtbin): 33.0

ファイルへ書込

  • Parasolid® (.xt, .xb, .xmttxt, .xmtbin): 33.0

Autodesk, Autodesk ロゴ, AutoCAD, および Inventor は, 米国および/またはその他の国における Autodesk, Inc. および/またはその子会社, および/ または関連会社の登録商標または商標です. Parasolid および NX は米国およびその他の国における Siemens Product Lifecycle Management Software Inc. またはその子会社の商標または登録商標です. PTC, Creo, Creo Parametric, Pro/ENGINEER は, 米国およびその他の国における PTC Inc. またはその子会社の商標または登録商標です. SOLIDWORKS は Dassault Systèmes SolidWorks Corp.の登録商標です. COMSOL AB およびその子会社と製品は, これらのサードパーティから提携, 承認, 後援, または支援を受けていません.