ページ当たり表示数:
検索

音響と振動 Blog Posts

不連続ガラーキン法を使用した圧電性のモデリング

2022年 2月 9日

COMSOL Multiphysics® バージョン6.0では, 他の方法よりも便利な圧電デバイスをモデル化する機能が導入されました. モデルで使用する方法は次のとおりです.

ひねりを伴う軸対称固体力学

2022年 2月 8日

バージョン6.0より, 固体力学インターフェースを使用して, 2D 軸対称モデルに円周方向の変位を簡単に含めることができるようになりました. ここでは, その一例をご紹介します.

圧電性のモデリング: どのモジュールを使用しますか?

2021年 10月 7日

音響モジュール, MEMS モジュール, 構造力学モジュール. 圧電デバイスのモデリングにはどれを使うべきでしょうか? ここでは, その選択肢を総合的に紹介します.

スポーツカーのサイドドアとミラーへの風荷重シミュレーション

2021年 5月 27日

Vroom vroom. このブログでは, 高速で走行するスポーツカーのドアやサイドミラーにかかる風荷重と気流を, LES(Large Eddy Simulation)と構造解析を用いて解析しています.

地震波を理解するための強固な基盤を構築する

2021年 4月 22日

1906年, カリフォルニア地震がありました. 1908年には Lawson 報告書が発表されました. 1910年, Harry Fielding Reid が弾性反発理論を提唱しました. 引き続き地震学を深く掘り下げてください…

弾性波 (陽的時間発展)インターフェースの紹介

2020年 5月 28日

非破壊検査から土壌や岩石中の地震波の伝搬まで, 固体中の弾性波の伝搬や構造物の振動を伴う応用分野は数多くあります.

圧電素子を送信機と受信機の両方としてモデル化する方法

2018年 12月 20日

ある種のトランスデューサーは, 送信機としても受信機としても機能します. このタイプの圧電素子をモデル化するための2つの機能の使い方を紹介します.


最初
1–7 of 7
最後
COMSOL ブログを探索