CADインポートモジュールアップデート

CAD インポートモジュールのユーザー向けに, COMSOL Multiphysics® バージョン 6.0 では新しい射影操作, 干渉検出ツールの改善, 最新の CADファイルバージョンをサポートするためのCADファイルインポートのアップデートが行われました. これらのアップデートの詳細については, 以下をご覧ください.

射影機能

2Dのジオメトリタブ, または3Dのワークプレーンの作業平面タブにある新しい射影機能を使用すると, サーフェス, エッジ, 頂点などの3Dオブジェクトやエンティティを作業平面や2Dジオメトリに投影することができます. 投影されたカーブオブジェクトは, 他のジオメトリオブジェクトの作成に役立つ構築用オブジェクトとして, あるいはシミュレーションを設定するためのソリッドオブジェクトとして, さらなるジオメトリ操作に活用することができます.

The COMSOL Multiphysics UI showing the Model Builder with the Projection node highlighted, the corresponding Settings window, and a permanent magnet motor model in the Graphics window. 上のジオメトリのシーケンスでハイライトされた投影1機能は, ハイライトされたオブジェクトをワークプレーンに投影し, この永久磁石モーターのジオメトリの冷却流路のスケッチを作成する際に使用することができます.

改善された干渉検知ツールの可視化

干渉検出ツールが改善され, ジオメトリオブジェクト間の干渉をより適切に表示および可視化できるようになりました. オブジェクトごとにグループ化チェックボックスを使用して, 検出された干渉をオブジェクトごとに並べ替えることができるようになりました. 以前は, リストは干渉のタイプによってソートされていました. リストから干渉を選択すると, 新しいデフォルトでは, 干渉に関与しているオブジェクトのみがグラフィックスウィンドウに可視化されます. 他のオブジェクトは自動的に非表示になります. 干渉する面のみを表示するなど, 可視化のための他のオプションも利用できます.


ここでは, 干渉検出ツールを使用して, 高電圧回路ブレーカーチャンバーのインポートされたジオメトリオブジェクト間の交差と接触を検出して可視化します.

更新されたCADファイルのインポートとエクスポート

CADファイルのインポート/エクスポート機能を拡張し, 対応ファイルフォーマットの最新版をサポートしました. 現在サポートされているCADファイルフォーマットの一覧は, CAD specification chartのファイルからの読み込み, CAD, ファイルへの書き込みのセクションを参照してください.