ジオメカニクスモジュールアップデート

ジオメカニクスモジュールのユーザー向けに, COMSOL Multiphysics® バージョン6.0では, 非局所的可塑性の導入, クリープ機能の計算速度とメモリ使用量の大幅な改善, および1つの新しいチュートリアルモデルが追加があります. これらのアップデートの詳細については以下をご覧ください.

非局所塑性

延性材料の塑性をモデル化するときに, せん断帯または塑性ひずみの局所化が発生する可能性があります. これらのゾーンはメッシュサイズによって進展の仕方が異なります. 新しい非局所塑性機能が塑性, 土壌塑性, および弾塑性土壌材料モデルに追加され、塑性ひずみの局所化が発生したときにメッシュに依存しないソリューションを取得できるようになりました. この機能は既存の Slope Stability in an Embankment Dam チュートリアルモデルで使われています.

An embankment dam model showing the displacement magnitude on the surface and the pressure head as streamlines against the walls. 変位の大きさと圧力水頭を示すダムの斜面安定解析.

新しい非弾性ひずみ速度ノード

新しい非弾性ひずみ速度属性は, 既存の外部ひずみ機能と同様の効果がありますが, 違いは非弾性ひずみ速度を指定して時間積分をして非弾性ひずみ寄与を計算できることです. ひずみ速度は, ひずみテンソル, 変形勾配, 逆変形勾配, または3つの直交伸張で指定できます.

新しい低減積分フレームワーク

アワーグラス安定化など, 積分低減のための新しいフレームワークが追加されました. 積分低減は積分点あたりの計算コストが高い場合に特に役立ちます. これは塑性やクリープなどの多くの非線形材料モデルに当てはまります.

積分低減は新しい直交設定セクションから制御されます. これは線形弾性材料や非線形弾性材料などのトップレベルの材料モデルの設定で使用できます. 選択された積分低減ルールは, 追加される可能性のあるすべてのサブノードに継承されます. この新しいフレームワークは次の既存のチュートリアルモデルで確認できます. Slope Stability in an Embankment Dam

クリープ改善

クリープの新しい一般的なフレームワークにより, 計算速度とメモリ使用量が大幅に向上します. 大型モデルでは10倍以上のスピードアップを実現. 非弾性ひずみ変数は後退オイラー, 前進オイラー, またはドメインODE 時間ステッピング法のいずれかで求解されるようになりました.

クリープ速度を決定するために使用される等価応力のタイプがユーザー入力になりました. フォン・ミーゼス, ヒル直交性, 圧力, またはユーザー定義を選択して, 非等方性クリープをモデル化できます. 複数のクリープ機構が機能している場合は、クリープノードの下に1つ以上の追加クリープノードを追加することもできます.

新しいチュートリアルモデル

COMSOL Multiphysics® バージョン6.0 では新しいチュートリアルモデルがジオメカニクスモジュールに追加されました.

不飽和土壌上の浅いファウンデーションの過渡応答

Two 2D plots showing the volumetric strain in a clay stratum with the after rainfall results on the left and after evaporation results on the right. 5日間の降雨とその後の蒸発後の粘土層の体積ひずみ.


アプリケーションライブラリタイトル:
settlement_analysis_transient
アプリケーションギャラリよりダウンロード