ECAD インポートモジュールアップデート

COMSOL Multiphysics® バージョン 5.3a の ECAD インポートモジュールはプリント回路基板 (PCB) インポート用の新しいファイルフォーマットのサポートを開始しました. GDS II ファイルでのオブジェクトグルーピングを維持するオプションも導入しました. 詳細は以下をご覧ください.

IPC-2581 フォーマットのサポート

ECAD インポートモジュールは IPC-2581 PCB フォーマットのインポートのサポートを開始しました. IPC-2581 コンソーシアムによって開発されたこのフォーマットはPCBデータを設計者から生産者へ転送する際のオープンで中立な標準規格です. インポートされた IPC-2581 ファイルから生成されるジオメトリは単一フィジックスシミュレーションでもマルチフィジックスシミュレーションでも利用可能です.

An image of a six-layer PCB imported into COMSOL Multiphysics® version 5.3a with the ECAD Import Module.

この6層 PCB の IPC-2581 テストファイルをインポートして伝熱シミュレーション用のボードジオメトリを作成しました. ジオメトリに加えて, 読込みによって自動的にレイヤー選択が生成され, より簡単なシミュレーション設定が可能です. 結果プロットはボード内の温度分布を示しています. このテストケースは Cadence Design Systems、Inc. のご厚意によるものです.

この6層 PCB の IPC-2581 テストファイルをインポートして伝熱シミュレーション用のボードジオメトリを作成しました. ジオメトリに加えて, 読込みによって自動的にレイヤー選択が生成され, より簡単なシミュレーション設定が可能です. 結果プロットはボード内の温度分布を示しています. このテストケースは Cadence Design Systems、Inc. のご厚意によるものです.

GDS ファイルのデータタイプのサポート

GDS ファイルをインポートする際, レイヤー上の幾何学的オブジェクトのデータタイプに応じてレイヤーを分割することができるようになりました. この機能により, データタイプを使用するオブジェクトのグループはインポート後にCOMSOL Multiphysics®モデルに保存されます.