ECAD インポートモジュール

層の名前の変更

ECAD インポートモジュールの更新により、ECAD ファイルをインポートするときに層の名前を変更できるようになりました。層の名前は、幾何学的オブジェクトと、インポート機能で生成した選択肢を割り当てるときに使用します。インポートの構成時にわかりやすい層名を割り当てると、ずっと簡単にシミュレーションセットアップを操作できます。

層は、インポートの設定ウィンドウのインポートする層テーブルで変更できます。ECAD ファイルのオリジナル層名も表示できます。 層は、インポートの設定ウィンドウのインポートする層テーブルで変更できます。ECAD ファイルのオリジナル層名も表示できます。

層は、インポートの設定ウィンドウのインポートする層テーブルで変更できます。ECAD ファイルのオリジナル層名も表示できます。