COMSOL Server™ アップデート

COMSOL Server™ 製品のユーザーのために COMSOL® ソフトウェアのバージョン 5.4 は Android™ プラットフォームと, いくつかの COMSOL Server™ ユーザーインターフェースアップデートをご用意しました. COMSOL Server™ アップデートの詳細は以下をご覧ください.

Android™ プラットフォーム用 COMSOL クライアント

Android™ プラットフォーム用の COMSOL クライアントアプリを使ってモバイルユーザーが簡単に COMSOL Server™ に接続してアプリケーションを実行できるようになりました. 簡単にアクセスできるようにデバイスのホームスクリーンにアプリケーションへのショートカットを追加できるようになりました. Android™ プラットフォームデバイスから実行すると, アプリケーションはタスクとして表示されます. Android™ プラットフォームの COMSOL クライアントは Google Play™ ストアから数週間以内に入手可能になります.

COMSOL アプリケーション実行中のタブレットスクリーンショット タブレットスクリーン上のショートカットアイコン. Android™ プラットフォーム用 COMSOL クライアントインターフェースとタブレット上で実行されている複数のアプリケーション. (左から右へ) タブレットスクリーン上のショートカットアイコン. Android™ プラットフォーム用 COMSOL クライアントインターフェースとタブレット上で実行されている複数のアプリケーション. (左から右へ)

自動ログインユーザーの COMSOL クライアント

匿名の自動ログインユーザーがウェブブラウザーから COMSOL クライアントで実行リンクでCOMSOL クライアントを起動できるようになりました.

製品: COMSOL Server

重要な COMSOL Server™ 強化

  • アプリケーションライブラリページにアプリケーションをフィルターするためのライブ検索ボックスができました
  • アプリケーションライブラリのアプリケーションを降順に並べ替えることができるようになりました
  • COMSOL Server™ のウェブログインフォームで, 新しく設定保存チェックボックスができました
  • 標準の通知パネルに加えて, 電子メールでも通知チェックボックスも追加されました
An example of a live search in the Application Library in COMSOL Server. "beam" を含むタイトルを持つ全てのアプリケーションをライブ検索が表示 "beam" を含むタイトルを持つ全てのアプリケーションをライブ検索が表示

コマンドライン引数

アプリケーションを起動する際にコマンドライン引数をユーザー用に用意しました. コマンドライン引数はアプリケーションビルダーの中で参照する宣言に自動的に書き込まれていますが, それを, 例えば入力データや構成設定として使用することができます. これはコンパイル済みアプリケーションにも使えますが, COMSOL Multiphysics® や COMSOL Server™ と共にアプリを起動するときにも使えます. 例えば, コンパイル済みアプリを呼び出すには倍精度の数値 400 を取る入力引数 freq を使って次のように書きます: myapp.exe -appargnames freq -appargvalues 400

COMSOL Multiphysics® では次のようになります: comsol.exe -run myapp.mph -appargnames freq -appargvalues 400

COMSOL Server™ では次のように URL に直接引数を書きます: http:///app/myapp_mph?appargnames=freq&appargvalues=400


An example of supplying a command line argument for an application. アプリケーションのコンパイルバージョンに入力として引き渡されるターゲット周波数. アプリケーションのコンパイルバージョンに入力として引き渡されるターゲット周波数.

Android 及び Google Play は Google Inc. の商標です. Microsoft 及び Windows は米国及び/又は他の国の Microsoft Corporation の登録商標又は商標です.