ジオメカニクスモジュールアップデート

COMSOL Multiphysics® バージョン 5.4 のジオメカニクスモジュールではもろい材料における破壊のモデル化機能が加わりました. 詳細は以下をご覧ください.

もろい材料の破壊

もらい材料において, 亀裂による破壊は重要な破綻メカニズムです. 新しく加わった線形弾性材料の下の破壊サブノード を使って連続ベースの破壊モデルを組合わせることができ, 荷重の深刻さの効果として荷重が柔軟化します. ユーザー定義式を含めて, 等価歪基準に基づいた様々なスカラー破壊モデルが用意されています. また, いくつかの異なる破壊進行の法則を選択することもできます. 破壊の強い局所性のために, 軟化材料モデルは数値的には難しい問題です. このために, ある有限の領域に亘る正則化法を使って破壊をスムージングするのが一般的です. そのような2つの方法であるクラックバンドと陰的勾配が利用可能です.

これらの機能は次のモデルで使われています:

A concrete beam example that uses the Mazars model for damage analysis. 補強コンクリート梁が曲げにおける破壊を Mazars モデルで予測します. 補強コンクリート梁が曲げにおける破壊を Mazars モデルで予測します.

New Tutorial Models

COMSOL Multiphysics® バージョン 5.4 では新しいチュートリアルモデルが加わりました.