COMSOL® 製品概要

マルチボディダイナミクスモジュール

マルチボディダイナミクスモジュール

Analyze Rigid- and Flexible-Body Assemblies with the Multibody Dynamics Module

マルチボディダイナミクスモジュール

ヘリコプターローターブレードの向きを制御するスウォッシュプレート機構の解析。剛ブレード設計と柔軟ブレード設計の両方の過渡シミュレーションでは、ブレードの変形や揚力など、役立つ性能測定基準が得られます。

マルチボディシステムの設計最適化ツール

マルチボディダイナミクスモジュールは、構造力学モジュールの拡張版であり、有限要素解析 (FEA) で多体構造力学システムを設計、最適化する高度なツールセットを備えています。このモジュールでは、柔軟体と剛体の混合システムをシミュレートできます。柔軟体と剛体はそれぞれ大きな回転変位または並進変位をします。このような解析は、マルチボディシステムの重要ポイントの把握に役立ち、より詳細な構成要素レベルの構造解析が可能になります。マルチボディダイナミクスモジュールでは、構造セグメントにかかる力や、柔軟成分で生成され大きな変形や疲労による障害を招くおそれのある応力を解析する自由度もあります。

ジョイントライブラリの活用

定義済みのジョイントのライブラリは、モジュールに組み込まれており、多体システムの各種構成要素の関係を簡単に、また確実に指定できます。構成要素同士は、一定の動作しかできないよう相互結合されます。ジョイントはアタッチメントで 2 つの構成要素を結合します。ジョイントのタイプにもよりますが、ひとつの構成要素は、空間内を自由に動き、その間他の構成要素は、一定の動作しかできないよう拘束されます。マルチボディダイナミクスモジュールにあるジョイントのタイプは、いかなるタイプの結合もモデル化できるという意味では包括的です。そのため、研究者と技術者は、以下のジョイントタイプで正確な多体構造力学モデルを設計できます。

  • プリズム (3 次元、2 次元)
  • ヒンジ (3 次元、2 次元)
  • 円筒 (3 次元)
  • ネジ (3 次元)
  • 平面 (3 次元)
  • 球 (3 次元)
  • 溝 (3 次元)
  • 絞り込み溝 (3 次元、2 次元)
  • 固定ジョイント (2 次元,3 次元)
  • ディスタンスジョイント (2 次元,3 次元)
  • ユニバーサルジョイント (3 次元)


事例紹介

プリズム、ヒンジ、円筒、ネジジョイントの動作の向き. プリズム、ヒンジ、円筒、ネジジョイントの動作の向き.
平面、球、溝、絞り込み溝ジョイントの動作の向き 平面、球、溝、絞り込み溝ジョイントの動作の向き
The stresses in the gearbox housing and the sound pressure level in the surrounding air (top and bottom-right) of a 5-speed synchromesh gearbox inside a manual transmission vehicle. The frequency spectrum of the normal acceleration at one of the points on the gearbox is also shown (bottom-left). The stresses in the gearbox housing and the sound pressure level in the surrounding air (top and bottom-right) of a 5-speed synchromesh gearbox inside a manual transmission vehicle. The frequency spectrum of the normal acceleration at one of the points on the gearbox is also shown (bottom-left).
A swashplate mechanism is used to control the orientation of helicopter rotor blades. This example shows an application derived from the model where only the pitch of the blades can be changed, but where both transient and eigenfrequency analyses can be presented. A swashplate mechanism is used to control the orientation of helicopter rotor blades. This example shows an application derived from the model where only the pitch of the blades can be changed, but where both transient and eigenfrequency analyses can be presented.
Model of a three-cylinder reciprocating engine, having both rigid and flexible parts, is used for maximizing the engine power and the design of structural components. Model of a three-cylinder reciprocating engine, having both rigid and flexible parts, is used for maximizing the engine power and the design of structural components.
Plot of stresses in an induction motor's housing (top) and the magnetic flux density in the rotor (bottom-left). The rotor orbit at two bearing locations is also shown (bottom-right). Plot of stresses in an induction motor's housing (top) and the magnetic flux density in the rotor (bottom-left). The rotor orbit at two bearing locations is also shown (bottom-right).

多体解析における完全な適応性

変形したシステムの構成要素は、柔構造でモデル化でき、他の構成要素は、これらの構成要素の部品も含め、剛体としても指定できます。多体力学設計と解析に非線形材料特性を与えるには、マルチボディダイナミクスモジュールのモデルを、非線形構造材モジュールジオメカニクスモジュールと組み合わせます。 同時に、COMSOL Multiphysics と用途固有のモジュールのスイートでモデル化できる物理特性は、熱伝達効果や電気現象など、マルチボディダイナミクスモジュールで記述する物理特性と連成できます。

過渡的、周波数-領域、固有周波数、固定多体力学解析を実行できます。ジョイントには、減衰特性、力とモーメント、および時間の関数として所定の動きを加えた線形バネ/ねじりバネを割り当てることができます。以下のような解析機能と後処理機能があります。

  • 2 つの成分間の相対移動/回転およびその速度
  • ジョイントにおける反応力とモーメント
  • 基準になる局所座標権とグローバル座標系
  • 柔軟体の応力と変形
  • 疲労解析モジュール と組み合わせた重要な柔軟体の疲労解析

2 つの構成要素間の動きが、他の物理的オブジェクトの関数の存在によって制限されることはめずらしくありません。相対的な動きの制約と、条件付きのロックは、そのような複雑なシステムを十分に定義してモデル化するために指定できます。ロボット工学では、たとえば、2 本の腕の相対的な動きは、あらかじめ定義しておいた時間の関数として定義できます。また、ジョイントにバネ負荷をかけ、適切な減衰係数をマルチボディダイナミクスモジュールに含めることができます。

マルチボディダイナミクスモジュール

機能

  • 継ぎ手を拘束すると、2 つの連結成分間で相対運動を制限可能
  • 継ぎ手をロックして、指定値で 2 つの連結成分間の相対運動を止めることが可能
  • スプリング条件を、平衡時または変形前の継ぎ手の相対運動に適用可能
  • 減衰条件またはダッシュポット条件を定義して、継ぎ手の相対運動における損失を指定可能
  • 連結成分間で相対運動を規定するために継ぎ手が必要な場合あり
  • 以下の継ぎ手タイプに、継ぎ手に対する摩擦損失を追加可能: プリズム、ヒンジ、円筒、スクリュー、平面、ボール。
  • 留め具のところであらゆるタイプの継ぎ手の成分に力とモーメントを適用可能
  • 機構を初期化して移動し、指定した回転中心の周りを所定の速度で厳密に回転可能

用途

  • 航空宇宙
  • 自動車
  • エンジン力学
  • メカトロニクス
  • ロボット工学
  • 生物力学
  • 生物医学機器
  • 車両力学
  • 機械的アセンブリの一般的な動的シミュレーション

Keeping Cool: SRON Develops Thermal Calibration System for Deep-Space Telescope

Three-Cylinder Reciprocating Engine

Modeling Vibration in an Induction Motor

Hinge Joint Assembly

Dynamics of Double Pendulum

Shift into gear

Modeling of Centrifugal Governor

Differential Gear Mechanism

Helicopter Swashplate Mechanism

Stresses and Heat Generation in Landing Gear

Vibrations in a Compound Gear Train

Next Step:
Request a Software
Demonstration

Every business and every simulation need is different. In order to fully evaluate whether or not the COMSOL Multiphysics® software will meet your requirements, you need to contact us. By talking to one of our sales representatives, you will get personalized recommendations and fully documented examples to help you get the most out of your evaluation and guide you to choose the best license option to suit your needs.

Just click on the "Contact COMSOL" button, fill in your contact details and any specific comments or questions, and submit. You will receive a response from a sales representative within one business day.