Plasma Module

低温、非平衡放電のモデル化ソフトウェア

Plasma Module

方形コイルは、誘電体窓の最上部に置くことができ、電気的に励起され、その下ではアルゴンを満たしたチャンバーにプラズマが形成されます。プラズマは電磁誘導で保持され、電源は電磁場から電子に伝えられます。

低温プラズマソースとシステムのシミュレーション専用

プラズマモジュールは、低温温度プラズマソースとシステムのモデル化専用です。技術者や科学者はこのモジュールで放電の物理特性を調べ、既存の電位設計の性能を評価します。このモジュールでは、あらゆる空間次元 (1 次元、2 次元、3 次元) を解析できます。プラズマシステムは、特にその性質上、非線形度の高い複雑なシステムです。電気入力やプラズマ化学の小さな変化は、放電特性における大きな変化として現れます。

プラズマ - 重要なマルチフィジックスシステム

低温プラズマは、流体力学、反応工学、物理的力学、伝熱、質量移動、電磁を融合したものであり、いわば重要なマルチフィジックスシステムであると言えます。プラズマモジュールは、さまざまな工学分野で発生する非平衡放電をモデル化するための特殊なツールです。プラズマモジュールは、任意のシステムをモデルかできるフィジックスインタフェースのスイートで構成されています。これらインタフェースにより、直流放電、誘導結合されたプラズマ、マイクロ波プラズマなどの現象のモデル化をサポートしています。プラズマモジュールには、文書化されたサンプルモデル、モデル化プロセスのステップバイステップの解説、ユーザーガイドが同梱になっています。

Capacitively Coupled Plasma Analysis

Benchmark Model of a Capacitively Coupled Plasma

In-Plane Microwave Plasma

Surface Chemistry Tutorial

Atmospheric Pressure Corona Discharge

Thermal Plasma

Dielectric Barrier Discharge

GEC ICP Reactor, Argon Chemistry

Ion Energy Distribution Function