COMSOL Multiphysics® と PTC® Pro/ENGINEER® 間で設計の更新結果を同期

LiveLink™ for PTC® Pro/ENGINEER® には Pro/ENGINEER のデザインと, 対応する COMSOL モデルジオメトリ間の双方向インタフェースがあります. 直接同期のおかげで, デザインの更新結果は COMSOL Multiphysics と Pro/ENGINEER の両方に反映され, ジオメトリの関連付けを維持することができます. COMSOL モデルジオメトリにおけるエッジやフェースなどのジオメトリエンティティと, CAD デザイン内の対応するフィーチャとの関連付けが維持され, どの修正プロセスでも物理特性の定義とメッシュ設定が維持されます. デザインジオメトリは Pro/ENGINEER と COMSOL 環境間では, 両方のプログラムを同時実行していれば手動で同期できます. 同期はパラメトリックスイープの際, またはオプションの 最適化モジュールで最適化のスタディを実行するときに自動的に行われます.

フィーチャーの配置や長さなど Pro/ENGINEER の CAD パラメータは COMSOL Multiphysics で直接アクセスして変更できます. 最適化スタディとパラメトリックスイープは CAD 設計パラメータを反復アクセスすることで COMSOL 環境に実装できます. シミュレーションに使用するパラメータ値の変更によって最適化の目標を達成できたら, 最終最適化値を CAD ファイルに書き戻します.

ジオメトリ修復プロセスにより効率的なシミュレーションが可能

LiveLink™ for PTC® Pro/ENGINEER® にはメッシュ化と解析のために CAD ジオメトリをセットアップするツールがあります. シミュレーションのために CAD ファイルから設計を COMSOL Multiphysics にインポートするとき, 幾何学的異常が動的に検知, 削除, 修復されます. 削除と修復のプロセスは, あらかじめ定義しておいた許容誤差を基準に行われます. インポート後に小さなフィーチャーがジオメトリに残っていても, ユーザーはデザインのシミュレーションが複雑になるのを避けるため自分の裁量でそれらを削除できます. この LiveLink™ 製品のフィーチャー削除ツールでは, シミュレーションの効率化をさまたげる小さなエッジ, フェイス, 細片, フィレットなどのフィーチャーを検知できます. フィーチャーは COMSOL Multiphysics のフィーチャー削除ツールでジオメトリから削除できます. 再び有効にするには, CAD デザイン履歴をアクセスできる Pro/ENGINEER を使用します.

デザインから幾何学的フィーチャーを直接削除する代わりに, 仮想ジオメトリ操作でそれらを COMSOL Multiphysics のシミュレーションから省くこともできます. 仮想ジオメトリが便利なのは, デザインの元のサーフェス曲率を維持しながらシミュレーションにおけるメッシュの複雑さを抑えることができる点です. 仮想ジオメトリはメッシュ化してシミュレーションに含めたくないフィーチャーを選択して作成します. この機能により, 必要な計算リソースを少なくしてシミュレーションの効率化を図ることができます.

PTC および Pro/ENGINEER はアメリカおよびその他の国々における PTC Inc. またはその子会社の商標または登録商標です. その他の商標はすべてそれぞれの所有者の財産です. 以上の商標の所有者の一覧については http://www.comsol.com/tm を参照してください. COMSOL AB とその子会社および製品は, それらの商標の所有者と提携しておらず, それらの商標の所有者による承認, 資金提供, あるいは支援を受けていません.

どのビジネスもシミュレーションニーズもそれぞれ違います. COMSOL Multiphysics® ソフトウェアがお客様のご要望を満たすかどうかをきちんと評価するために, 我々にご連絡ください. 我々のセールス担当と話をすれば各個人に向いたお勧めや, しっかり文書化されたモデルなどをお送りすることができ, 最大限の評価結果を引き出すことができます. 最終的にどのライセンスオプションがあなたの要望にとって最適かを選択することができます.

"COMSOL へコンタクト" ボタンを押し, あなたの連絡先詳細と特別なコメントや質問があればそれを記入して, 送信していただくだけで済みます. 1営業日以内に我々のセールス担当者から返事が届きます.

次のステップ:
ソフトウェア
デモをリクエスト